フランス語 セーヌ川

パリで何がいいって?

人によって何が好きかは人それぞれでしょうが、私はセーヌ川がいいですね。

何年か前までパリにアパートがあったのですが、場所はオペラ座の裏でした。

娼婦が街角に立っているような地域だったのですが、実に味のある地域でした。

ただ、私はどういうわけかセーヌの南側が好きだったんですね。サン・ジェルマン・デ・プレのあたりです。

仲のいい友人がそのあたりに住んでいたこともあって、この辺りには毎日のように行っていました。

アパートを持つ前はサン・ジェルマンのあたりの安ホテルに長期にわたってお世話になりました。

この辺りには星がつかないようなホテルが結構あるんですね。シャワーをひねってもすぐに温水がなくなってしまうようなホテルですが、長期滞在には適していました。

一歩出ればレストランやファーストフードの店が立ち並び、市場も目の前にありました。

本当にごちゃごちゃの環境でしたが、パリの生活がいろいろと体験できたんですね。あの雰囲気が最高でした。

毎晩帰りはオペラまで歩いていたのですが、セーヌを超えていかなくてはなりません。急いで歩くと、30〜40分でしょうか。

ほとんど誰もいない橋の上を何回となく行き来しましたが、通るたびに小さな感動を覚えたのを記憶しています。

やっぱり、あの街は特別ですね。

参考資料:<フランス語会話おすすめ.com

英会話 出会い

英語がどれほどのパワーを持っているか、一般の日本人には想像もつかないでしょうね、、、。

英語はまさに世界の共通語なんですね、、。

海外に行って、見知らぬ人たちに会って、会話をしたいと思った時まさか日本語は出てきませんよね、、、。

日本語を知ってる人種はごく稀です。

どこに行っても当然のように英語が共通語として使われます。

ヨーロッパでもそうです、、、言葉が通じなければ英語が飛び出してきます。

ヨーロッパは小さな国が多く、1日で何カ国も通過する、というようなことも普通にできます。

他の国に行く機会が多いのは地理的に見て必然性があるのです。

ヨーロッパの中心にあるオランダなどはすべての国民が結構綺麗な英語をしゃべります。

北欧の国々の人達も驚くほど綺麗な英語をしゃべります。

ドイツ人も結構流暢です。

英語がどちらかというと苦手というのはやはりラテン系の国ですね。

イタリア、フランス、スペインなどです。言語的にどうしても苦手ということが言えるかもしれません。

イタリア人は学校などで第二ヶ国語として英語ではなくフランス語を取っている人もいます。

でもなんといってもアメリカの影響というのはすごいですね。映画やインターネット、ユーチューブなどの普及で英語を無視できない環境ができています。

私は旅行をするとき、あえてホステル的なところに泊まります。着いたその日から友達ができるんですね、、、。

もちろん会話は英語になります。英語は最強のガイドですね。

いつでも、どこでも英語はスタートできます:<英会話教材おすすめランキング.com

英会話 english world

私が初めて英語に接触したのは8歳の時でした。

もうかなり前のことになりますが、場所はイギリスのロンドン、今から考えてみると夢のような時間帯でした。

父親の仕事の関係で異文化の中に放り込まれました。世界がますます小さくなってきているこのご時世私のようないわゆる帰国子女は無数にいるんでしょうね。

初めてロンドンの学校に行った時のことは今でもはっきり覚えています。母に連れられてハリーポッターのような世界に入って行きました。

クリームを付けて髪の毛を綺麗に7:3に分け、グレーの半ズボン、ネクタイにブレイザー、、、、テレビで見ていたイギリス王家の子供達と同じような格好でした。

日本で毎日過ごしていた格好とあまりに違うので戸惑いはありましたが、わくわくする毎日でした。

言葉が通じないという経験はそこから始まります。英語のえの字も理解していなかった私はそれからの数週間ただただ途方にくれる毎日が続きました。

言語が違うということがどのようなインパクトを持っているかということを私は8歳にして知らされたわけです。

でも、子供の環境への順応能力というのはすごいんですね、、、。本当に苦労してのは初めの数カ月ではないでしょうか。

私はラッキーにもこの経験のおかげで、その後に人生において最大限に自分の可能性を発揮できたと確信しています。

英語は世界へのパスポートです:<英会話ベスト教材.com

沖縄 神秘

沖縄って確かに日本の一部ということですが、明らかに違う文化であるということが分かりますね。

先日も沖縄に行ってきました。私にとっては5〜6回目になるでしょうか。

なぜか引かれるものがあるんですね、、、日本だけど、日本じゃない、、、、ってところでしょうか。

沖縄の人たちも若干ルックスも違いますね、、、やはり南方系の伝統があるんでしょうか。沖縄の言葉も独特ですね。

仕事で何回も来たこともあるのですが、その時に現地のお年寄りが喋っているのを聞いたことがあります、、、方言というか、、、日本語とは別物ですね。

沖縄の料理も何かちょうど中国と日本の中間のような感じもします。

私はなぜか沖縄そばが好きなので、毎食これだけでもOKですね、、、。

レストランによって若干味も違うのでそこが楽しいところです。沖縄そばをメインのターゲットにして島中を散策するのもいいですね。それでも全然私はオッケーです。

ただのそばですが、奥が深い、、というところでしょうか。

私はどちらかというと石垣島の方が行った回数が多いのですが、本島は大きいですね、、、。びっくりです。

移動するのに意外と時間がかかりました。渋滞だって経験しました。

この島は鉄道がないので車は絶対ですね、、。

車のことなら:<ニッポンレンタカー沖縄.com

レンタカー 有楽町 ユニーク

有楽町ってみなさんどういう印象をお持ちでしょうか?

歌の題材になったことも何度もありますし、まさに日本の娯楽の中心って感がありますね。

昔は日劇があって、銀座も近い、、、まさに東京を代表する場所だったんですね。

位置的にもほとんど東京の中心にあたります。どこから来るにも意外と便利な位置となっています。

つまり東京のどこに住んでいても車を借りたり、返したりするのに意外と便利な場所ということです。

有楽町近辺には面白い場所がたくさんあります。買い物が目当てならデパートや専門店も無数にあります。食事が目的ならレストランもこれまた無数にあります。

カジュアルなところから、おしゃれなところまで、選択肢は限りなくあります。

車を借りるというのが主な目的であっても、ここに来れば様々な体験ができるわけです。

ユニークなところでは、有楽町近辺には地方の物産を紹介するアンテナショップが相当の数存在しているということです。

これから地方に旅行を考えているとして、その地方のアンテナショップを尋ねてみるのも一案かと思います。

旅行に行く前に事前にその地方の特色を見てみるのもいいのではないでしょうか。有楽町で車を借りるということに関して、一つの意味合いができてきますね。

車も借りて、ショッピングもできて、遊びもできて、、いうことないじゃないですか、、、。

ぜひ参考に:<タイムズカーレンタル有楽町.com