フランス語かわいい

フランス語ほどある種の雰囲気を持った言語ってないですよね。おそらくないでしょう。

なんとも言いようのない抑揚というか、、、。なんかいつも歌っているような感じさえしますね。

こんなに難しい言語なのに、フランス語の価値は相当のものなんですね。

全てがかわいい国、フランスなんです、、、。

まあ、正直なところ私はイタリアも好きなのですが、フランスは特別です。パリの街を歩いてみると、いかにこの国が文化的に優れた個性を持っているかというのがわかってくるんですね。

世界と何か違った発想で物事を考える国、それがフランスなんですね。

世界の国々と違った感覚というのはどういうことなんでしょうか

これはなかなか一口では言い表されませんが、このフランス語というもののせいではないかと考えるようになりました。どこで聞いても、これほど明らかに違う種類の言語は存在しないんですね。

まあ、もちろん私も全ての言語を知っているわけではありませんが、、、。

主要な言語の中では実に特殊な存在です。

少しスノッブなように思われがちな、フランス人。確かにそういうところはあります。でも自分たちの言語や文化にプライドを持っているんですね。

あんなスムーズな言語はまずお目にかかれません。

フランス語をマスターできたら、、、。

面白いことを書いたサイトを見つけました。<フランス語会話おしゃれ.jp

未知なる言語に挑戦しましょう。

未知の世界ってなんでしょうね?

未知の世界ってなんでしょうね。

自分の行ったことのない世界のことなんでしょうか、、。

私は結構いろんな国に行ってきました。毎回行くたびに何か発見して帰ってくるんですね。

本当にお金のない学生時代からそうですが、決して豪華な旅行をしないというのが鉄則です。今は多少の自由も効く旅行もやろうと思えばできるのですが、あえて貧乏旅行にこだわるのは、その方が色々その国の本当の姿が見えるからなんですね、、。

そこそこいいホテルを転々としていれば、今のご時世どの国に行っても大差はありません。

なんでも揃っていて、快適快適というわけです。日本にいるのとほとんど変わらない生活をすることができます。

でもそんなんでいいんでしょうか、、。

バックパッカーは見栄えはよくないかもしれません。でもバックパッカーにはバックパッカーの世界があるんですね。

一番いいのは、そういうホステル的なところに着いた瞬間から、知り合いができるということです。立派なホテルに泊まれば会話ができるのは部屋相手にするのが精一杯!

でも、バックパッカーたちはどこに行ってもすぐ仲間ができるんですね。世界中から来た連中に会います。

様々な情報を交換して、会話が始まります。どこに行っても一人じゃないんですね、、。仲間がいるんです。

ご飯だって一人で食べに出ることなんて、まずないでしょう。

欧米からの人たちの中には、素性を聞いてみると意外としっかりしたキャリアを持った人たちもいるんですよ。

ぜひ、バックパッカーを見直してください。